梶川貴弘

Takahiro Kajikawa  trunkkikaku first performance 2016

 
1998年より大谷大学劇団蒲団座に入部し演劇を始める。
2001年にCHICKENS CAFEという劇団を旗揚げし、脚本・演出・役者をつとめる。第8回公演をもって劇団は解散し、劇研アクターズラボを受講しながら京都小劇場を中心に役者活動を続ける。
今はNPO劇研でシニア劇団の制作と左京西部いきいき市民活動センターのシニア事業を担当しながら文化芸術と福祉とまちづくりと異世代交流について考える日々。
趣味はコンタクトインプロと読書。
20166月より一児のパパ。

twitter