螺旋階段の絶景はいずこに

京都で、いま、国内外から素晴らしい舞台がやってきていて

なかなか全部は観られないのだけれど、いくつかの舞台を観る

 

どれもこれも、面白くってたまらなかった

 

お芝居もとっても面白くって、ワクワクして観させてもらった

 

そして、お芝居ばかりを観てきているわたしは、いつも観ない舞台から

なんだかとっても影響を受けている気がする

 

踊るって、素敵だ!!各々の体って素敵な個性だなぁ!!

 

ダンスでは、その人自身のリアルな個性が、惜しげもなく見られて

それは、ある意味でとても即興の舞台とリンクして感じさせてもらえた 

 

また、家族と向き合ったフィルムでも、その人自身と家族、親密な関係を観て

笑ったり泣いたり

 

 

その人自身が見えるものに、どうも、きゅ~ん!としてしまう

 

 

だから、即興をしているのだと思うのだけれど

しかし、素晴らしいプレイヤーの方たちは、かならず、“今その場所にいる”

 

ほんとうに素晴らしいなぁ

創られた完全に面白いものの中でも「今の瞬間をイキイキとおられるもの」

を観ると、即興をすることについて、ますます考えてしまうな

 

 

ほんとうに、たったひとつのこと、なのに、やればやるほど

自分はまだまだわかってないなぁ、と思わされる

すべては、きっと、深い深い深いねぇ

 

と実感すると、もうもう、自分の立ち位置からは、

とっても遠くにも感じるのだけれど、

「全然わかってないぜぃ!」

と叫んでみたり

「なんなんだ?なんなんだ?いったいどうしてなんだ?」

と思うことは、面白い

そうも、思わなければ、まだまだわからないことが多すぎる・・・のだけれど

 

 

わたしは、すぐに尊敬する大好きな友人の、螺旋階段のお話を思いだす

 

ずっとずっと螺旋階段が上に続いていて、今の景色は、前の景色と同じように

見えるのだけれど、それでも本当は一段上がっている

 

少しずつ少しずつ、登って行って、いつか

「あれれ、絶景だわ!!」

と、いつか同じ景色を見晴らしの良いところから見てみたいものだわ!!

twitter